パーカッショニストの呼吸法

 

パーカッショニストにも呼吸法があるの?
そう思われるかもしれませんが意外と大事です。

 

 

管楽器でしたら、吸って吐いてしないと音が鳴らないので、
呼吸法は重要視されて、腹式呼吸についてのいろいろなメソッドがあるようです。

 

では、打楽器奏者の呼吸法は

 

一例を上げると、

 

 

曲が始まる1、2拍前に素早く深く吸って、

曲(リズム)の始まりから、ゆっくり長く吐きながら演奏する

 

 

歌いながら演奏する

 

 

他にもあると思いますが、私が実践している方法は2つ目です。
歌いながら演奏するといっても、メロディを歌いながらというわけではありません。

 

 

自分が刻むリズムを歌うのです。
トトタチ トテトト のように歌いながらたたくんです。
歌うことによって、呼吸もできているわけですね。

 

 

これなら簡単にできると思いますよ。
慣れてしっくりくるようになるとリズムも活き活きしてきますから、
ぜひとも実践して頂きたい、おススメの方法です。

 

 

パーカッション イサーク カトウ

 

 

 

次のコラムを読む

 

 

トップページへ

 

トップへ戻る