楽器の習得・良い点

 

楽器の練習を続け、音楽をやる良い点というのは、
あなたが、楽器の習得をして音楽をもっと楽しみたい、
人前で演奏してみたい、そういった目的がかなうということです。

 

そもそも音楽を勉強したい、楽器の練習をしたいという最初の動機そのものですから、
わざわざあぶり出さなくても、しっかりと自分の意識の中にあるものですね。

 

 

 

音楽、楽器演奏を学んで生涯の趣味にしたい。


 

 

かっこよくステージの上で演奏してみたい。


 

 

モテたい、目立ちたい


 

 

音楽的感性を磨きたい。


 

 

共通する仲間を作りたい。


 

 

バンドを組んでライブ演奏を楽しみたい。


 

 

気の合う仲間とアンサンブルを楽しみたい。


 

 

プロのミュージシャンになりたい。


 

 

などなど色々あり、これ以外にも、リハビリのために楽器の練習を始めるとか、
海外旅行の時に偶然観たストリートミュージシャンの演奏、パフォーマンスに衝撃を受け、
自分もテクニックを磨き、彼らに混ざって演奏したいという人もいました。

 

楽器の習得をしていくことでの良い点とは、これらが実現可能ということですね。

 

プロのミュージシャンになりたいというのであっても、可能性がないわけではありません。
たとえメジャーになれなくても、講師とか楽曲提供、
自ら企画したライブ、イベントなどで収入を得ている人もいっぱいいます。

 

 

どうあれ、音楽活動を続けていけば、なにかしら得るものはあります。
楽器の演奏には、手首指先を自在に動かす器用さが身に付きますし、

 

 

自分の五感と情緒、意識のコントロールも音楽的向上に必要なことですから、
脳の刺激になったり、感性が豊かになることは間違いありません。

 

 

なにより、気の置けない仲間とバンドを組んで、
人前での演奏が、技術面でも意識の面でも恥ずかしくないようになれば、
とても楽しくなりますから、こうなるとやめられません(笑)

 

 

一人でコツコツ練習するのとは、比べ物にならないほど楽しいですし、
みんなで何かのイベントを成功させるということは、
何ものにも代えがたい楽しさを味わうことができます。

 

 

ライブイベント

 

 

 

次のコラムを読む

 

 

トップページへ

 

トップへ戻る